本日、Linux 8.6 BMR Intel and PPC Suite(Intel and PPC - big/little-endian) の新バージョンを製品版としてリリースすることができましたのでお知らせします。このスイートは、ABMR(Intelのみ、PPCは不可)、CBMR、NBMR、TBMRで構成されています。

以上が、これまでのBMRと比較した主な変更点です。

BMR全製品共通

  • DR環境のManual RecoveryにMulti-pathオプションが設定できるオプションを追加しました。
  • DR環境にiSCSIイニシエーターが追加されました。
  • GPT パーティションは、ディスクサマリーでサイズ変更できるようになりました。
  • このリリースのために更新されたドキュメント

ABMR


  • Dell EMC Avamar クライアント/サーバーのバージョン 7.2 から 18.2.100-134/18.2.0.134 までをそれぞれサポートするようになりました。

シービーエムアール


  • IBM Spectrum Protect のバージョン 7.1 から 8.1.7.0 までのクライアントに対応しました。サーバーのバージョンは7.1~8.1.7.0をサポートします。
  • ユーザーガイドに、増分バックアップと復元を行う方法を掲載しました。

エヌビーエムアール


  • Dell EMC NetWorker™ クライアント/サーバーのバージョンがそれぞれ 18.2.0.1/18.2.0.1 までサポートされるようになりました。

TBMR


  • IBM Spectrum Protect のバージョン 7.1 から 8.1.7.0 までのクライアントに対応しました。サーバーのバージョンは7.1~8.1.7.0をサポートします。

注1:BMRインテル製品は、Cristie VAリリース2.7に対応しています。
注2:これらのリリースには、バグフィックスも含まれています。詳細については、関連するリリースノートを参照してください。

BMR 8.6の各製品は、クリスティFTPサイトからすぐにダウンロードできるようになりました。