これまで、企業がITインフラ、アプリケーション、重要なデータを保護するための災害復旧ソフトウェアに投資しない理由として、コスト、複雑さ、信頼性の低さが最も一般的でした。

しかし、今日、多くの企業にとって、災害復旧はこれまで以上に重要な保護層となっています。高可用性ディザスターリカバリーシステムよりもはるかに速く、安価なクラウド型ディザスターリカバリーの成長により、今日、企業は、災害が発生した場合に保護する事業継続計画を持たないという言い訳をすることはできません。

最高の保険と同じように、最高の災害復旧ソフトウェアは、災害が発生したときに復旧のための最小限の手間で優れた保護を提供します。そこで、災害復旧ソフトを選ぶ際のポイントについて、以下の4点を挙げてみました。これらのオプションを検討することで、必要な保護が得られることを確認できます。

1.オンデマンドテストと定期テスト

万が一、危機が発生した場合、復旧手順が正しく機能し、システムを正常に復旧できることを確認したいものです。これにより、災害が発生した場合でも、システム保護が確実に回復し、ダウンタイムを最小限に抑えて通常通りビジネスを継続することができるという確信を得ることができます。米国の新しいHIPAAコンプライアンスルールにより、ヘルスケア業界の企業は、システムが確実に回復することを証明する必要があります。最高の災害復旧ソフトウェアでは、年間を通じて重要な災害復旧テストを自動化するオプションや、都合の良い時間に復旧フェイルオーバーをテストするオプションが用意されています。

2.リカバリータイム目標

RTOとは、災害発生後にITシステムを復旧させるための目標時間のこと。これは、システムのダウンタイムによって失われるビジネスの量を減らすために、災害復旧計画において非常に重要なものです。RTOの目標を達成できるようなソフトウェアを選択する必要があります。最良のソフトウェアは、10分以内にサーバーオペレーティングシステムを速やかに立ち上げ、稼働させることができます。

3.バッチ式リカバリー

データセンター全体のサーバーがダウンした場合、データセンターを再び稼働させる最速の方法は、サーバーを同時に復旧させることです。したがって、ビジネスで膨大な数のサーバーを使用している場合、複数のサーバーを同時に復旧できるソフトウェアを選択することが重要である。最良のソフトウェアは、データセンター全体をわずか数時間で復旧させることができるはずです。

4.クローン作成とソフトウェアの再インストールの比較

新しい機械にソフトウェアを再インストールするのではなく、リカバリを行う際に元のシステムの同一コピーを作ることができるソフトウェアを検討する必要がある。生産ラインなど、長い時間をかけて微調整された機械では、わずかな設定変更で不良品が発生する可能性があるため、この点は非常に重要である。