本日、 クリスティの人気システム移行ソリューションであるCloneManagerの重要なアップデートがリリースされました。リアルタイムのレプリケーションプロセスを導入することで、 CloneManagerは 、災害時に即座に起動できる本番システムのホットスタンバイを作成することができるようになりました。

クリスティ・ ホットスタンバイ機能は、クラウドやハイパーバイザーベースのレプリケーションやディザスターリカバリーに対する需要の高まりに対応するために設計されました。 CloneManagerが システムを複製したら、ホットスタンバイを最新の状態に保つために定期的または継続的に同期させることができます。スナップショット機能は、リカバリを保証し、ランサムウェアの増加への対応を可能にします。破損したデータやマルウェアがホットスタンバイにコピーされた場合、ユーザーは単純に最後に成功したレプリケーションにロールバックすることができます。四半期あたり120ドルという価格設定により、あらゆる規模の組織で重要なシステムをコスト効率よく保護することができます。

世界有数のITサービスプロバイダーであるComputer Sciences Corporation(CSC)のGlobal Lead Migration StrategyであるIan McKay氏は、「我々は3年以上前から CloneManagerを 使用して、顧客のシステムを移行し、コスト効率の高いクラウド型インフラを利用できるよう支援してきました。より頻繁なレプリケーションやスナップショット機能などの開発により、この新しいリリースが、我々がすでに顧客に提供しているシステム保護とビジネスの俊敏性を強化することになると期待しています。"と述べています。

CloneManagerのパワフルでユニークなテクノロジーは、最高のユーザー体験を提供するための取り組みの一環として、直感的なインターフェイスの再設計によって恩恵を受けました。直感的に操作できるように設計された CloneManagerは 、ウィザード、内蔵のチュートリアル機能、詳細なナレッジベースとテクニカルコミュニティへのアクセスを備えています。 クリスティグループのプロダクト&プロジェクトマネージャーであるTony Daveyは、「この次世代型のユーザー重視のインターフェースは、間もなく当社の全製品ポートフォリオに展開され、ユーザーが必要とする時点で明確なガイダンスを提供します」と述べています。私たちは、これからも、使いやすく、親しみやすい、技術的に初めてのソリューションを提供し続けます。

なぜこのリリースが重要なのか?

  • スケジュールされた、または継続的なシステムレプリケーションにより、厳しい復旧時間とポイント目標(RTPO)を容易に達成することができます。
  • vSphereや AWSEC2へのレプリケーションを行う場合、スナップショットの自動管理により、ユーザーは安心感を得ることができます。破損したデータや悪意のあるデータがターゲット環境にレプリケートされた場合に有効です。
  • 重要なシステムやワークロードを保護するために、複雑なスキルセットや多くの人的リソースを必要とすることは、内蔵されたコンテキスト駆動型のガイダンスによって大幅に削減されます。
  • 1台あたり120ドル、四半期ごとの競争力のある破壊的な価格設定。

詳細については、sales@cristie.comまでお問い合わせください。