ディザスターリカバリージャーナル誌が昨年行った年次調査「備えの状況」によると、ITシステムの災害や障害に対して「非常に備えている」と感じている企業は、さまざまな業種で38%にとどまりました。  

しかし、良いニュースもあります。同調査によると、大多数の企業にとってディザスタリカバリの向上は「最優先事項」であることが報告されています。また、2008年の最初の調査以来、企業がシステムを安全に維持し続けるために必要な高度な技術の採用が大幅に増加しています。 

企業は最悪の事態を想定して計画を立てなければならないことは明らかです。人災や機械災害は避けられないものであり、強固な災害復旧計画がない限り、あらゆる種類の混乱を引き起こす可能性があります。  

そこで、システムを稼働させ、顧客を満足させ、評判を維持したいのであれば、災害復旧計画を成功させるために必要な7つのステップをご覧ください。 

1.災害復旧コンティンジェンシー・プランニング・チームを結成する 

まず、コンティンジェンシー・プランニング・チームを構成する従業員を選びます。  

そのため、会社の脆弱性についてさまざまな観点から意見を述べることができる人を選ぶことを検討してください。人事部、施設、上級管理職など、社内の主要部門から代表者を集めるようにしましょう。 

2.すべての氏名と連絡先を記載する。 

次に、全従業員の名前と連絡方法のリストを作成し、定期的に更新するようにします。この情報にはすぐにアクセスする必要があるため、正確であることが必要です。連絡先には、個人と職場の連絡先を記載する必要があります。 

3.指揮系統の決定 

システム災害は高ストレスな出来事です。そのため、事前に明確な指揮命令系統を確立し、キーパーソンが欠けた場合の責任者を決めておく必要があります。  

クリティカル・インシデントの際、災害発生後の混乱の中で、誰が責任者かをチーム全体で理解するのに役立ちます。 

4.リスクアセスメントを検討する 

災害復旧計画を立てるときは、準備がすべてです。そこで、できるだけ多くの災害シナリオを検討し、うまくいかない可能性のある事柄のチェックリストを作成します。その上で、それぞれの事態がコアビジネス、収益源、顧客サービス、従業員にどのような影響を及ぼすかを検討します。 

5.プランB」はありますか? 

プランBとは、災害復旧計画が実行不可能な場合にどうするかを考えることです。  

例えば、いつもの場所が使えない場合、社員が自宅で仕事ができるか、他社の設備を一時的に利用できないかを検討する必要があります。また、収益を確保することが最優先事項である場合は、ダウンタイムを回避するために必要な人材、設備、スペース、備品、サービスなどを検討する必要があります。 

6.会社のデータを守る 

データの損失は、ビジネスに大きな影響を与えます。データの保護と復旧は、すべての災害復旧計画の重要な側面であり、これらをうまく活用することが、結果として良好な事業継続を実現することにつながります。  

ベアマシンリカバリー(BMR)は、完全な保護ソリューションを提供し、マシンを災害前の状態まで迅速に復旧させることを支援します。また、レプリケーションソフトウェアは、仮想ネットワークやクラウドなど、別の環境へシステムを迅速に複製するのに役立ちます。 

7.テスト、テスト、そしてまたテスト! 

新しい災害復旧計画が実際に機能することを確認するために、定期的にテスト訓練を実施することをお勧めします。また、定期的に復旧シミュレーションを行うことで、CEOやお客様が気づかれる前にシステムを稼働させることができます。 

クリスティは、物理環境、仮想環境、クラウド環境との間で、システムの復旧と複製を行うソフトウェアです。提供するサービスの詳細と無料トライアルの予約はこちらから