顧客スナップショット

最新の顧客スナップショットをご覧になり、私たちがあなたのために同じことができるかどうか、ご連絡ください。お客様の声を直接お聞きください。

自動車業界をリードするサプライヤー

CloneManagerは、Linuxサーバーのディザスタリカバリに最適な製品で、DR側を本番サーバーと最新の状態に保つことができます。

シニアシステムアドミニストレーター
トレーリングの背景画像

CloneManagerは、Webサーバーエステートのホットスタンバイサーバーを作成するために使用されます。

12時間かかっていたディザスターリカバリーを1時間以内に短縮。

クローンシンク機能により、ソースサーバーとターゲットサーバー間の定期的なライブシンクが可能です。

自動化・効率化されたDRソリューション

ある自動車業界の全国的なサプライヤーは、手動で行っていた災害復旧プロセスを自動化された合理的なソリューションに置き換えたいと考えていました。最近、WebサーバーをWindowsからLinuxに移行し、その規模が拡大していたため、移行には理想的な機会でした。シニア・システム・アドミニストレータ(SSA)のコメントです。

「CloneManagerのようなものを何年も探していました。障害発生時にバックアップサーバーを起動できるようにするプロセスを自動化できるようなものを"

クリスティのクローンメンジャーは、その条件を満たしていた。そのため、このソリューションは、主要なビジネスをサポートする9台のWebサーバーに実装され、新しいビジネスベンチャーが出現すると、その使用方法を拡張する計画もあります。

仕組み

各Webサーバーのクローンを作成したら、CloneManagerのクローンシンク機能を利用して、週に2回、本番システムと対象クローンの間でライブシンクを行います。さらに、クローン元から変更されたデータのみをコピーしている。とSSAは付け加えている。

「CloneManagerは、インストールも使い方もとても簡単です。また、同期をスケジュールすることができるので、クローン作成に無駄な時間を費やすことがなくなりました。"

DRテストで、同社は9台のWebサーバーすべてをDRセンターへフェイルオーバーさせた。サーバークローンを再起動すると、ウェブサーバはオンラインに戻り、完全に機能するようになりました。

「従来は12時間程度かかっていたサーバーのテストが、1時間以内に完了するようになりました。また、サーバーを再構築したり、ソフトウェアの更新を長時間チェックしたりする必要もなくなりました。当社のWebサイトはビジネスに欠かせないものです。万が一、災害が発生した場合でも、迅速かつ完全に復旧させることができると、今では完全に信頼しています。"

セトラは、TBMRにより、迅速、安定、安全な移行を実現しています。
セトラロゴ

クリスティTBMRに信頼を寄せています。パワフルで使い勝手の良いソフトウェアです

QD社 インフラストラクチャー・マネージャー Peter Sundelin氏
トレーリングの背景画像

ITサービスのリーディングカンパニーであるQD社は、セトラグループの大量のサーバーを効率的に移行するためにCristie TBMRを使用しました。

複数の物理および仮想サーバーを同時に制御しながら復旧させることができます。

ダウンタイムの最小化を実現し、生産工程への影響を低減。

効率的かつ迅速なサーバー移行

スウェーデンのITプロバイダーであるQD社は、セトラ社から既存のIT環境へのアクセスが制限されている中で大量のサーバーを迅速に移動するよう依頼を受けた際、TBMRに信頼を寄せていました。

スウェーデン最大級の木材製品会社であるセトラグループは、非常にタイトなスケジュールでITインフラ全体を移行するという緊急の要件を満たすため、QDに支援を依頼しました。QDのインフラストラクチャー・マネージャーであるPeter Sudelinは、「Setraは、会社の継続的な生産プロセスを危険にさらすことなく、最小限のダウンタイムで大量のサーバーを移行するよう求めました」と述べています。

プロジェクトの複雑かつ緊急なロジスティクスにより、QDはSetraのすべての物理および仮想サーバーを移行するための使いやすく、革新的で強力なソフトウェアソリューションを必要としていました。QDは、IBM Spectrum Protect (TSM)を含むネイティブバックアップから直接マシンをリカバーできるクリスティ・ソフトウェアのTBMRを選択しました。これは、同一状態への迅速な自動的なマシンリカバリを実現するために設計されたものです。さらに、TBMRは「何から何まで」復元することができます。類似のハードウェアから異種のハードウェアまで、物理から仮想、クラウドまで、あらゆる方向から復元することが可能です。

プロセス

TBMRのインストールは簡単で、QDはSetraの全データを新しいハードウェアに迅速かつ安全に、管理された方法で移行することができました。とSudelinはコメントしています。

「移行を成功させるために必要なツールがあることは分かっていました。セトラの前サイトでディザスターリカバリーのシミュレーションを行い、新サイトの自社のIT環境ですべてのデータを復旧させたと言えます。移行は見積もりよりも短時間で行われ、期限までに完了しました。セトラは課題を認識していましたが、すべてがスムーズに進んだことに圧倒されました。"

TBMRは今やQD社のソリューションに欠かせない存在となり、他のプロジェクトでも活用が進んでいます。

TBMRはGrupo Boticárioのデータ保護と可用性を向上させました。
グループ・ボティカリオのロゴ

クリスティTBMRは、導入も使用も非常に簡単です。私たちにとって完璧な働きをしてくれています。

Grupo Boticário社 IT DRおよび事業継続担当 Fernando Dondeo氏
トレーリングの背景画像

Cristie TBMRは、Linux上で動作するIBM Spectrum Protect(TSM)と完全に統合されています。

高速で信頼性の高いSAPデータベース復旧 - 最後の位置、ポイントインタイム、または完全復旧。

復旧処理の自動化により、システム保護コストを削減。

複雑化するITインフラにおける事業継続性

1977年に創業し、2010年にグループ経営を開始したGrupo Boticárioは、現在では世界最大の香水・化粧品フランチャイズであり、22,000人の従業員を擁する国際企業です。爆発的な成長と複雑化するITインフラにより、Boticárioはシステムを安全に保護するだけでなく、簡単にリカバリできることを保証する必要がありました。

Boticárioは、Linux OS上でSAP HANAを稼働させ、約3TBのデータを処理しています。このリレーショナルデータベース管理システムは、高いトランザクションレートと複雑なクエリー処理の両方に対応するように設計されており、復旧が必要でした。BoticárioのIT危機管理チームは、Linuxをサポートし、TSMと完全に統合されているCristie TBMR (system recovery for TSM)を選択しました。

TBMRの活躍

Boticário HANA環境内の各サーバーにTBMRをインストールした。そして、TSMバックアップサーバーから、Linux OS、アプリケーション、設定、データなど、ソフトウェアインフラの完全なコピーを自動的に復元するように環境を設定した。

Grupo Boticário社でIT継続プロセス、モニタリング、コンティンジェンシー戦略を担当するFernando Dondeo氏は、「Cristie TBMRは、導入も使用も非常に簡単です」と述べています。簡単なセットアップ手順に従うだけで、それ以上のことはありません。私たちにとって完璧に機能しています。"

Boticárioは、TSMバックアップ、ひいてはSAP HANAデータベースを、最後の位置まで、あるいはTSM内で利用可能な任意の時点まで、効率的に復元することができるようになりました。しかも、元のメディアをインストールする必要はありません。

TBMR、TSM B/A Client、TSM for ERPの組み合わせで、Boticárioは完璧なバックアップとリカバリのソリューションを手に入れました。

ソフトバンクモバイル、クリスティBMRソリューションでリカバリーアシュアランスを獲得
SoftBankロゴ

クリスティのCBMRソリューションは、私たちのビジネスに安定性と継続性を与えてくれます。

ソフトバンクモバイル株式会社 副社長 小池誠一氏
トレーリングの背景画像

CBMRは、150台以上のサーバーで24時間365日のシステム稼働をサポートするために購入しました。

ネットワークシステムの復旧時間が2時間から1時間以下に短縮されました。

お客様のSLAを簡単に超えることができるようになりました。

厳しいRPOとRTOの達成

ソフトバンクモバイルは、ブロードバンド、固定通信、eコマース、インターネットなど様々な事業を展開する日本の大手電気通信・インターネット企業です。

ソフトバンクモバイルにとって顧客サービスは非常に重要であり、同社は明確なサービスレベル契約を結んで24時間365日のサポートを提供しています。しかし、従来の手作業によるプロテクト作業には時間がかかっていました。スクリプトとftpやtarなどの標準的なシステムツールで操作していました。 ソフトバンクモバイルは、既存のSLAを満たすだけでなく、それを上回るようなマシンプロテクトとリカバリのソリューションを必要としていました。

即時の保護と回復

競争入札の結果、ソフトバンクモバイルはクリスティ・ソフトウェアからCBMRを購入し、すぐにその効果を享受できるようになりました。CBMRは、ソフトバンクモバイルの実行中のアプリケーションやオペレーションシステムに影響を与えることなく、オンラインプロテクションをサポートしています。ソフトバンクモバイルの小池誠一次長はこう語る。

"サーバーの定期メンテナンス、アプリケーションや設定のアップデートにはすべてCBMRを利用しています。ネットワークサービスシステム上に約150台のサーバーがあるため、現在、保護ソリューションによって安定性と継続性を確保できることが重要です。"

ソフトバンクモバイルでは、致命的なサーバー障害は発生していませんが、OS、アプリケーション、データを含めた復旧予測時間は、従来2時間以上かかっていたものが、CBMRでは1時間未満に短縮されました。小池氏は、「その結果、運用チームが安心してサーバーのメンテナンスを実施できるようになりました。CBMRは、万が一、サーバーに障害が発生した場合でも、迅速かつ容易に復旧作業を行うことができます」とコメントしている。